〜お電話による処方について〜
新型コロナウイルス流行への臨時対応
お電話で処方をお出しできる方は、平素から当院を受診されている患者様で御病状が安定しており、医師がお電話での処方が可能と判断した患者様のみです。
厚生労働省からの連絡に基づき、以下のような患者様 対象外ですので予め御了承下さい。
 初診の方(現在、当院は初診受付は行っておりません。)
 ・御病状が安定しておらず、対面による診察が必要と医師が判断した方
 ・当院で一定期間にわたる診療を受けたことが無く、お電話での病状把握が困難な方
 ・新型コロナ感染の可能性を含め感冒様症状のある方 (→京都府の方はこちらのLinkIcon専用相談窓口を御参照下さい。京都府外の方はこちらのLinkIcon厚労省のサイトからアクセスして下さい。)

 お電話での処方を希望される方は以下の手順に沿って下さい。
  1. まず必要な常用薬の名称の御確認をお願いします。(黄色い袋の・・・、以前出してもらった軟膏・・・などでは間違いが生じる可能性があります。)
  2. 電話番号は患者様専用番号の075−352−3737にお願いします。一旦当院の事務担当者が電話をお受けします。
  3. 医師から患者様に折り返しお電話して御病状の内容を問診し処方箋を発行します。この際、352−3737とは異なる業務専用番号からお電話させて頂きますが、患者様からのお電話は必ず352−3737からお願いします。
  4. 調剤を松井薬局アルファ店でご希望の患者様には当院から薬局に処方箋を直接FAXします。その後、松井薬局アルファ店の薬剤師から患者様にお電話が入ります。お薬の内容の確認や服薬の説明などを受けて頂き、ゆうパック等の着払い(送料を含む)で患者様の御自宅などに郵送するということで当院と協議済みです。到着は翌日か翌々日ですが、遠方からの受診の患者様はさらに後日になる可能性がありますので御了承下さい。
  5. ※松井薬局アルファ店以外の薬局をご利用希望の場合は、薬局ごとに対応が異なりますので各薬局に御相談下さい。当院から処方箋を直接FAXさせて頂くことは可能です。
  6. 当院への自己負担分のお支払いは流行終息後の再診時で結構です。普段のお支払い額と変わりません。長い期間当院にお越しにならない患者様に対しては銀行振込をお願い致します。その際には、当院から患者様にお電話などで御連絡させて頂きます。
 
お電話で処方をお出しできる方は、平素から当院を受診されている患者様で御病状が安定しており、医師がお電話での処方が可能と判断した患者様のみです。
厚生労働省からの連絡に基づき、以下のような患者様対象外ですので予め御了承下さい。
 初診の方(現在、当院は初診受付は行っておりません。)
 ・御病状が安定しておらず、対面による診察が必要と医師が判断した方
 ・当院で一定期間にわたる診療を受けたことが無く、お電話での病状把握が困難な方
 ・新型コロナ感染の可能性を含めた感冒様症状のある方(→京都府の方はこちらのLinkIcon専用相談窓口を御参照下さい。京都府外の方はこちらのLinkIcon厚労省のサイトからアクセスして下さい。)
 
 お電話での処方を希望される方は以下の手順に沿って下さい。
  1. まず必要な常用薬の名称の御確認をお願いします。(黄色い袋の・・・、以前出してもらった軟膏・・・などでは間違いが生じる可能性があります。)
  2. 電話番号は患者様専用番号の075−352−3737にお願いします。一旦当院の事務担当者が電話をお受けします。
  3. 医師から患者様に折り返しお電話して御病状の内容を問診し処方箋を発行します。この際、352−3737とは異なる業務専用番号からお電話させて頂きますが、患者様からのお電話は必ず352−3737からお願いします。
  4. 調剤を松井薬局アルファ店でご希望の患者様には当院から薬局に処方箋を直接FAXします。その後、松井薬局アルファ店の薬剤師から患者様にお電話が入ります。お薬の内容の確認や服薬の説明などを受けて頂き、ゆうパック等の着払い(送料を含む)で患者様の御自宅などに郵送するということで当院と協議済みです。到着は翌日か翌々日ですが、遠方からの受診の患者様はさらに後日になる可能性がありますので御了承下さい。
  5. ※松井薬局アルファ店以外の薬局をご利用希望の場合は、薬局ごとに対応が異なりますので各薬局に御相談下さい。当院から処方箋を直接FAXさせて頂くことは可能です。
  6. 当院への自己負担分のお支払いは流行終息後の再診時で結構です。普段のお支払い額と変わりません。長い期間当院にお越しにならない患者様に対しては銀行振込をお願い致します。その際には、当院から患者様にお電話などで御連絡させて頂きます。